モネの作品みたいな午後




タラチネ前の15分、クソblogきょう一日です。


勝利にも金にもつながらない読書した。
寺山修司『田園に死す』。
映画じゃなくて歌集です。
短歌って連作をまとめて読むと、濃密な短編読んだ感じでかなりいい感じ。


“セーラー服の歌人”鳥居って人のを思い出した。


友達が笑顔でサヨナラって言って電車に飛び込んでバラバラになって葬儀が終わって読み手が日常に帰るまでの連作。


煉瓦倉庫で弘前の光を考える寺山イベントが今後何回か有る。
残りは全部で3つ。
2つは予約済み。
でも、ワークショップみたいなのがあるけど、出ない
昔、アベパンマンにharappa仏教シリーズでアドバイスを求められたことがあった。
で、相談にのっといてなんだけど、その中の一つの大丈夫だ教みたいに太鼓を叩くイベントがあったけど、さすがにそれの参加は見合わせた。
ワークショップ型はさすがに苦手。


お休みんだったから読書部屋で勉強した。
例の上級現代文1を解くH高生、マジですげぇ!
朝9時に来て夜10時まで凄い集中力で勉強してた。
飲まず食わずで、トイレにも行かず、もちろん電話なんかいじらずに同じ体勢で微動だにせずずっと勉強してた。
メゴいうえに努力まで出来るなんて最強過ぎ。


読書部屋の裏庭みたいなところ、モネの絵みたいだった。
モネ好きのどっかのオモシロ書家の気持ちがおおいにわかった気がする


なんかよくわかんないパブリックアートみたいなのまで有るし。


あなたの明日が良い一日でありますように〓



おりこうさま〓


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント